理論的に考えて、マスクはダイエット効果を半減させる?

コロナがまた流行ってきました。再度非常事態宣言寸前みたいで以前より深刻な感じになってる。外食も食べる時は、話をしないで黙々と食べて、食べ終わったら、マスクをして話すって、なんかちょっとギャグみたいな光景だ。マジでやるんだろうか?(笑)  それって食べてても美味しいか?そこまでして外食をしたいか? と思うが・・(笑)  それならZoomでも使って宅飲みした方がいい気がする・・・

そこまで日常生活に必需品になったマスクだが、これって、もしかしてダイエットによくないんじゃないか?と思ったので今回お話をさせて頂きたいと思います。

瘦せる仕組みでは酸素が必要
マスクをすることによって酸素の吸入量が低下する
マスクをすることによる心理的負担



瘦せる仕組みは酸素が必要

まずは簡単に痩せるメカニズムのおさらい。これは、より詳しいサイトが沢山あるので、わかり易くサラっと行きます。

体内には減らすべき中性脂肪というのがある。まずはこの中性脂肪を分解するため、運動で体温を上げなければならない。
カロリーを消費して熱量を上げて(これを運動ともいう)、中性脂肪を分解するとグリセロールと脂肪酸に分解される。

ここでさらに運動すると遊離脂肪酸となった脂肪が各細胞に運ばれて、

運動により取り入れた酸素によって燃やされて、二酸化炭素と水に分解されて体の外に排出される

ゴール

だから運動をすると「ハァハァ」=二酸化炭素となるし、汗=水も出るわけですね!なんとなくイメージが湧いたかな?

マスクをすることによって酸素の吸入量が低下する

脂肪を燃やすには酸素が必要だという事がわかったと思う。ここでマスクの登場だが、マスクをする事により、体内に取り入れる酸素の量が少なくなるのはあきらか。ようは酸素吸入口にフィルターを掛けてるのだから。

普通に働いていると、通勤も入れて10時間くらいはマスクをしてると思う。その間もカロリーを消費してるとしたら、酸素不足により痩せにくくなってる気がするんだけど・・・考え過ぎか?

肉体労働でなくても、営業だって歩いたり階段を上ったりする場面はあると思うので、その時酸素不足だと、せっかくの脂肪を減らすチャンスが無駄になってる。事務職の人も人ごとではなく、意外に脳はカロリーを消費すると言われてるので、知らず知らずのうちに痩せにくくなってるかもしれない。

マスクをすることによる心理的負担

あと細かい事だけど、マスクと運動は相容れない関係だと思う。マスクをして運動をしようとは思わない。マスクをする事により運動から遠ざかってる部分はあると思う。(言い訳だと言われればそれまでだが・・)

最近、YouTubeでも筋トレ動画少なくなってる気がする。オススメに全然あがってこない(笑) ダイエットの話題もあまり聞かないし、ダイエットで痩せるよりも、Gotoイート=食べる事の方が盛り上がってない?

確かに家でトレーニングする分にはマスクは関係ないんだけど、普段の生活でマスクをして酸欠になってるせいか、何故か運動する気が起きない(笑) つまり何が言いたいかというと、マスクをし過ぎるのは体を動かす気力を削いでるんじゃないか?

今回の奥義

巷では強制的にマスクを付けろみたいな雰囲気が充満してるけど、マスクを着け続けるのは、かえって体に悪いのではと思い記事にしてみた。

今の世の中、ただでさえ息苦しいのに、マスクをする事で、なお息苦しくなってないか?

昔知り合いの女の子で、唇をプルンプルンにするために、夜寝る時にマスクをして寝るという子がいたけど、そーゆ可愛のならいけど、みんなで同調圧力のもと、「強制でマスクをしろ!」はなんか嫌な感じ

施設を使う、建物の中に入る場合は所有者がいるので、その施設や建物のルールに従う必要はあるけど、屋外を歩く場合は、天下の公道なんだからマスクをするかしないかは本人の自由にさせてあげたらどうだろうと思う。

強制がスタンダートになるのはちょっといやだな~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る