人体の不思議。人は汗をかけばかくほど痩せるのか?

こんにちは~先程胸囲を測ったら103㎝ありました。ゆえにテンションMAXのヒコです。お盆で多少太ったとはいえ、胸が1mを超えて育ってくれた事はやっぱり嬉しい。これでまだ広背筋を鍛えてないですからね。広背筋を鍛えたら1m10㎝も可能ではないかな。

ただ体は大きくはなってるんだけど脂肪はそれほど落ちてない。今回は汗をかいて脂肪を燃やすについて考えてみたいと思います。

1.汗をかけばかくほど痩せるのか?
2.脂肪を1kg落とすには7200kcalの根拠とは
3.痩せると脂肪を落とすは微妙に違う



汗をかけばかくほど痩せるのか?

汗をかけばかくほど痩せる・・・ダイエットにはそんなイメージがある。ここで言う痩せるは体脂肪を減らすという意味。じゃあ本当に汗をかけばかいた分だけ体脂肪は減るのか?

実はただ汗をかいても脂肪は減らす事はできない!脂肪を減らすにはカロリーを消費する事、つまり自分の活動で体温を上げて汗をかく必要がある

ここが勘違いポイント!

消費カロリーはMETsという単位を使って計算できる。METsとは運動強度の事で、安静時を1として、安静時とくらべて何倍のエネルギーを消費する運動かを表した単位。その計算式は

METs × 体重(kg) × 時間 × 1.05 = 消費カロリー(kcal)

この式を見る限り発汗の量は全く関係ないようだ。つまり真夏にサウナスーツを着て走ろうが、真冬に薄手のジャージで走ろうが消費カロリーは変わらない事になる。サウナスーツに頼って体温を上げても意味がないわけです。それよりも大事なのは時間。消費カロリーを増やすなら運動時間を長くするべきだとこの方程式は言っている。(時間の単位は1時間です。なので30分は0.5になります) 

つまり活動量が大事!

*METsについてはいろんな運動例がネットに出てるのでMETsで調べてみてください。

脂肪を1kg落とすには7200kcalの根拠とは

脂肪を1kg落とすには7000kcal消費する事が必要なのは有名な話だけど、その根拠はどこにあるのかと言うと脂肪1gが9kcalだから。1kg=1000gに9kcalを掛けると90000kcal。ですが脂肪は2割の水分を含んでるので9000kcal×0.8で7200kcalになる。

これが脂肪を1kg落とすには7200kcalを消費しなければならないという根拠。このカロリーはどれくらいの運動量かというとフルマラソン3回分だそうです

ここで少し計算すると1calとは1gの水の温度を1で℃上げるエネルギー量。成人男性は体の60%が水分だそうです。なので私の体重が68kgとして68kg×0.6=40.8kg。私の体は40.8kgが水分という事になる。

40.8kgは40800gなので私が運動で1℃体温を上げると40800cal=40.8kcal消費するはず。(実際は肉や脂肪もあるので、もっと消費すると思うが) 7200kcalを40.8kcalで割ると176.47℃。つまり私が7200kcalを消費するには体温を176.47℃上げなきゃならないと言う事。一日体温を4℃上げる運動をして30日で120℃。分割ではあるけど176度も体温を上げなきゃならないとはフルマラソン3回分は決して眉唾じゃない。

フルマラソン3回で脂肪1kgですからね!結論として体温を上げる=汗をかくは脂肪燃焼に対して思ってるほど貢献してないのかもしれない。

体重を落とす事と脂肪を落とすは微妙に違う

体重を減らすという事は、体内の余分なものを排出して体を軽くするという事(その中に脂肪もはいりますが) なので単に体を軽くする事だけを考えてダイエットをすると、ただ汗をかけばかくほど痩せるという結論に辿りつく。でもこれは体から水分が抜けただけで、脂肪が燃えて軽くなったのとはちょっと違う。だから体重を軽くする事だけに重点をおいてダイエットをすると、新たに水分や栄養を摂取したら、また体重が戻るという事になる。これがいわゆるリバウンド。

ボディメイクで大事なのはいかに脂肪を減らすかという事。食事だけで体重を減らしてもスグにリバウンドするし、消費カロリーの計算式を見てもわかるように運動だけでは効率が悪い。両方をうまく連動させないとダメ。

今回の奥義

よく脂肪を燃焼するというし、体を熱くした方が脂肪が燃えそうな気がするけど、計算式上はあまり関係ないみたいだ。そう言えば豚肉の脂身だって気温40度くらいの所に出してたって溶け出さないもんね。しかし実際は体を熱くして汗をかいた方が脂肪が燃えるイメージがある。昔毎日走ってた頃は、真夏でもパーカー着て走ってた(笑)たぶんこれは「1calとは1gの水の温度を1で℃上げるエネルギー量」から来てるんだろうと思う。

ただダイエットというのは時代と共に理論とか結構変わるので、もしかしたら今後汗をかいた方がいいというエビデンスが出てくるかもしれない。脂肪を効率よく燃やすのは本当に難しい。でも現代のボディメイクの理論はこの課題の解明にだいぶん近づいてきてると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る