筋トレ4ヶ月目でやってきました停滞期!ここらでトレーニング方法を見直す時期なのか?

今年も半分が過ぎ、もう7月。筋トレを始めて早4か月。相変わらず自宅を筋トレ道場にしてるが、宅トレのいいところの一つに上半身裸でトレーニングできるという事。やっぱり服を脱いでトレーニングをする方が盛り上がるね。パンプしていく体を鏡で見ながらトレーニング出来るのは宅トレ修行者の特権です。

ところで最近スランプです。筋肉が思ったほど成長しない。三ヶ月目と四か月目を比べるとあまり変わってないような??いやむしろ少し太った気がする。これが停滞期というやつか?

三ヶ月から四か月の変化

確かに最近生活を振り返ると食事と酒の量が増えてきた気がするし、体重はそんなに増えてないけど、やはり筋肉の筋が薄くなってる気がする。
気になる現在のスペックは 体重68.8kg ウエスト80cm  胸囲99cm です。

今回はここ一ヶ月の反省と停滞期について考えます。

1.トレーニングがマンネリ化
2.食生活で停滞期が長引く
3.結論~変化すべき時期



トレーニングがマンネリ化

筋肥大をさせる条件として常に新しい刺激を筋肉に与え続けるというのがある。筋トレを習慣化する事には成功したけど、習慣になるという事は刺激がなくマンネリ化してるとも取れる。

そーいえば最近決まった運動しかしてない!

筋肉に新しい刺激を加える方法としては、重量を上げる事か新しいトレーニング方法を加えるというのが効果的だが、この二つは宅トレでは限界があると最近感じてきてる。

まずは重量を上げるという点について、自重とダンベル位の器具でトレーニングしてる一般の人(パワーラックを組んでる人は例外です)ではダンベルの重さを重たくしていくにも限界がある

トレーニングのバリエーションの点で言うと、ベンチとか懸垂台があれば全然トレーニングの質が変わるんだけど、これらがないと鍛えにくい場所というのがあり、背中と胸の下が鍛えにくいと感じてる。

そう考えると、ある程度ゴツい体を作るには、ある程度の広さの部屋と筋トレ設備は必要なのかな?と思う。でもこのサイトの目的は普通の人が特別な器具なく、ある程度理想の体が手に入るかどうかが目標なので、何とかこの設備で知恵を絞らねければと思ってます。

食生活で停滞期が長引く

停滞期というのは運動と食事のバランスが釣り合ってる時期なので、そのバランスを崩せば、また目標に近づくハズ

体脂肪を落とすのであれば食事を見直し、筋肥大させるのであれば運動を見直せばいい。

酔っぱらったー

しかし酒が絡むと話がややこしくなる。

大会など目標があるのと違い、一人でコツコツと理想の体にしていく場合、どうしても甘えや妥協が出てくる。私の場合は気が緩むと酒の量が増える(笑)

なんのかんの言っても酒と筋トレは相反するので、酒を飲むと筋トレしたことが無駄になってしまうというのが一番の問題。という事で酒を飲む日は筋トレを休んでる。経験上酒を飲むと100%筋トレが無駄になるわけではないが、100%の筋トレ効果がでないのもまた事実

酒を飲むと体が熱くなる。筋肥大が筋肉の損傷・炎症を修復しているのだとしたら、アルコールで体温を上げるという事は修復作業を邪魔する行為になるのかな?そう考えると酔ってる時間の筋肉痛は無駄になってる気がする。

そして何よりも酒とプロテインは相性が悪い。プロテインは100%無駄になってると思う。なぜ無駄になるのか?というと酔うと真直ぐに歩けなかったり、ろれつが回らなくなったり身体機能に影響が出る。これは体内でも同じなので身体機能が十分に発揮できないのに、たんぱく質を筋繊維に変えるという複雑なプロセスを実行できるだろうか?

これが酒が筋トレとプロテインを無駄にしてるだろう根拠です。

結論~変化すべき時期

一ヶ月間筋トレをして目立って体型が変わらないという事は、何かを変えた方がいい時期なのは確か。果たして何を、どう変えたらいいのか?

筋肥大をさせたいならトレーニング方法を見直して新しい刺激を筋肉に与える。筋肉に新しい刺激を与える方法は三つ。

重りを買って負荷を増やす、
トレーニングのレパートリーを増やす、
トレーニングの時間を増やして回数を増やす。

体脂肪を減らすなら食生活を見直すべきで、特に酒を飲む人は、どう飲酒とトレーニングを共存させるかが問題。私はカッコいい体を作るためだけに、すべてを犠牲にするという考えはないので、完全禁酒はしません。じゃあどう酒と共存するのか?ここがアイデアの見せどころです!

ストレスがかかるほど無理をすると続かないので、自分のできる範囲で自分の理想と自分の欲求との妥協点を見つけていく必要がある。それがまた自分のノウハウになっていく。

今回の奥義

今現在私のトレーニング時間は休憩を入れて30分弱位です。30分というのは普通の人が毎日筋トレしても負担にならないギリギリの時間だと思う。今停滞期で次にどんなトレーニングをしていったらいいのかいいアイデアが浮かばないが、新しいトレーニングを増やしたとして、果たしてトレーニング時間が一日30分で収まるんだろうか?という問題もある。

私の考えとしてボディメイクは、もっと簡単に気楽にできる筈という考えで実証実験しており、普通の人が無理なくできる範囲で肉体改造をするのがテーマなので、トレーニング時間の30分にはこだわりたい所である。

ところで2020年は大荒れの年ですね。北九州に梅雨前線が停滞って、あの降り方は梅雨の降りかじゃないよ。シトシトじゃなくてザバザバですもん。ふと思ったんだけどプロテインって栄養価高いし、腐らないし、、水があれば飲めるしで保存食にならないのかな?我ながら結構いい案だと思うんだが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る