必見!!腹筋を割るには、腹筋を割るためのトレーニングとそれに耐える筋力が必要

筋トレをする上で一つのゴール、それは腹筋を割る事。割れた腹筋はマッチョの象徴。でも実際、筋トレをしても腹筋はなかなか割れてくれないのです。だから憧れの対象になるんだが・・・。

どうしたら腹筋は割れてくれるのか?実は腹筋には割り方があったというのを発見したので発表します。

1.腹筋を割る準備
2.腹筋が割れないのはトレーニングの負荷が弱い
3.結論~腹筋を割るための具体的な運動



腹筋を割る準備

腹筋を割る方法には二通りある。腹筋を鍛えてお腹の筋肉を盛り上げるか、お腹周りの脂肪を落とすか

腹筋は元々割れているので、お腹周りの脂肪を落とせば自然に下にある腹筋が見えてくる。という事なんだが、ここが腹筋がなかなか割れない勘違いポイント。「じゃあ痩せればいいのか。」と辛い腹筋運動よりも痩せる事を優先してしまうがそれは間違い。

腹筋を割るなら痩せるのではなく体脂肪を落とさなきゃダメ

どのくらい?男性なら体脂肪10%位でしょう!腹筋を鍛えて大きくするのは大変そうなので痩せる方法を選びがちだけど、でも冷静に考えてみると、社会に出てからロクに運動をしてこなかった我々がアスリート並みの体脂肪にする、その方が腹筋を鍛えるよりも全然難易度高いと思わないか?

じゃあ実際はどうやったら腹筋が割れるかというと、筋トレとダイエット両方使わないと難しい。ぜい肉を取ってから腹筋を鍛えるか、腹筋を鍛えながら減量していくか意見が分かれるところだけど、

私個人の意見では、まずは筋トレよりも、お腹のぜい肉を取る事に集中した方がいい

何故かというと、お腹には他の部位よりもたくさんお肉が付いているので、他の部位と同時に脂肪を落とし切るのは難しい!基本的に部分痩せはできないので、他の部位の脂肪は取れても、どうしてもお腹の肉は最後まで余ってしまう。その状態で腹筋を鍛えても脂肪の下に筋肉が付くだけなので、一向に腹筋が割れない。なので脂肪を取るならお腹に合わせなきゃダメ。

でもこの段階では、お腹の脂肪をとっても腹筋は見えてません、割れてません。ここから筋トレで腹筋を盛り上げていかなければ腹筋は割れてこない。

腹筋が割れないのはトレーニングの負荷が弱い

余計な脂肪を落とし腹筋を鍛え始めるが、なかなか腹筋が割れてこない。その理由は負荷が足りない
腹筋を鍛える運動として、いわゆる一般の腹筋運動=シットアップは何百回もやらないと腹筋は割れない。何故なら、シットアップは思ったほど腹筋に負荷がかからず効率が悪いから。
じゃあ効率よく腹筋に負荷をかける運動とは??それは二つの方法があって、

腹筋に力を入れた状態で体を固定する方法。これは横になった状態で足や上体を浮かしたまま運動をする方法。

腹筋を縮めるという考え方の運動。シットアップに似てるけどクランチは別の運動。シットアップが腰を支点として起き上がるのに対して、クランチは寝た状態から肩甲骨を浮かす感じで腹筋を縮める。

これがクランチ。
上体は起こしきっちゃうと負荷が逃げてしまうので、背骨を丸めて腹筋をつぶす感じで行うのがコツ。

あとオススメはV字腹筋です。上体と足を同時に持ち上げ、手で足にタッチする感じ。

腹筋を割るには、腹筋を割るためのトレーニングができる筋力が必要になる。V字腹筋は高負荷なので腹筋を割るトレーニングができる筋力があるかどうかを測る目安になる。
もしV字腹筋ができなければ、まだ腹筋を割るトレーニングをするだけの筋力がないので、その筋肉をつけるためのトレーニングから始めるといい。実は私も最初はV字腹筋はできなかった。

その基礎の腹筋力を鍛える運動を一つ紹介すると、私は”ゆりかご”という運動で腹筋の基礎の筋力を鍛えました
画像を探してみたけどなかったので、ネットで”腹筋” “ゆりかご”で検索してください。ゆりかごを1分~2分できればV字腹筋ができるようになると思う。期間は2週間くらいかな。

結論~腹筋を割るための具体的な運動

基礎的な腹筋の筋力を付けたとして、次のステップ、どんな運動をして腹筋を割ったかというと

三ヶ月でこれからこうなったかというと

ベビーシャーク腹筋運動というので、こうゆう腹筋になりました。これもYouTubeで見つけた動画で、”ベビーシャーク腹筋運動”で検索すると出てくる。1分33秒のカワイイ感じの動画だけどナメちゃダメ!最初のうちは通してできないくらいキツイ。

ベビーシャーク腹筋運動はV字腹筋ができるのが前提。V字腹筋ができるようになったらベビーシャーク腹筋運動に取り組むようにします。

ベビーシャーク腹筋運動は基本的に横になって足を浮かして行う運動で、最初足を上げ続けているのがキツイが、出来るようになるコツはギブアップして足を地面に付けてしまっても、またすぐに足を浮かせるようにする事。そうしてるうちに段々と1分33秒足を浮かせ続けられるようになる。

そのうちこれを1日2回、さらに出来るようになったら連続して2回出来るようになったら写真位の腹筋になる。連続で2回行う時は、間に1分の休憩をはさみ、それでも計4分6秒!腹筋を割るのは以外に簡単。

今回の奥義

今回は腹筋の割り方でしたが、腹筋といえば、やはりブルースリー。何故ブルースリーかというと、初めて割れた腹緊を見たのがブルースリーだったから。今でこそ腹筋が割れてる人は大勢いるが、ちょっと前まではそんなにいなかったと思う。つまり腹筋のトレーニング方法が確立したのはつい最近な気がする。

今回自分の体を見て、よりくっきりと腹筋を出すには腹斜筋を鍛えて腹直筋の横の脂肪を取る、腹直筋の横を目立たせるとより腹筋が浮かび上がる事に気付いた。今後そうゆうトレーニングも組み込んで、現在のウエストが83㎝から変化しないので、どうにか80㎝以下にしたいところです。

最後に実験報告です。以前私が持ってる偽物のシックスパッドの効果について実験すると宣言したんですが、記事にできないほど見事に効果がありませんでした。途中からうすうす「これは単なる腹筋用のマッサージ器じゃないか?」と気付いていたんですが、せっかくなんで2週間実験してみました。「少しくらい脂肪を取ってくれるかな?」という期待も虚しく

美女のつぶやき"懲りないわね"

ウエストサイズに全く変化はありませんでした。やはり楽して腹筋は割れません!

<広告>





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る