女の子のゾンビに襲われる

体型をキープする適量なご飯の量は意外なほど少ない!~ご飯の食べ過ぎダメ!絶対

私も今回のボディメイクを始めて二ヶ月が経ちましたが、69kg台をキープしている。食べてそのまま寝たとしても70kgを超える事はなくなった。逆にそんな事をしなければ68kg台になる事も増えてきた。

さぞやキツイ食事制限をしてるかと言えば、そんな事はなく、カロリーなんか全然注意してない(笑) もちろん甘い物も食べるし揚げ物も食る。でも毎日の暴飲暴食はしなくなり、制限はないが適度な食事量を心がけている。

そんな私が食生活の中で唯一気を付けているのがご飯の量!私が体重をキープし続けている秘訣はご飯の量にある。

ダイエットの定番としてすっかり定着した感のあるローカーボダイエット。いわゆる炭水化物をあまり取らないようにするダイエット法だが、話題になるだけあって確かに効果がある。ここで言う炭水化物のメインは、ご飯やパン、麺類、いも類など。
基本的には日本人なのでご飯だと考えてもらって、今回は私が体験した事から感じたことをお知らせします。

一般的に私達はご飯を食べ過ぎです。

何故ご飯を食べると太るか
食べ過ぎちゃうメンタル
体型をキープするご飯の適量



何故ご飯を食べると太るか

最近では太る原因はご飯ではないという考え方もあるようだが、私はご飯が一番太る元凶だと思ってる。
それは何故ご飯は主食なのか?と考えればなるほど納得。(当然パンや麺にも当てはまるが、今回はご飯で統一) 
何故米や小麦が主食かというと、それは体の中で素早くエネルギーに変えられ、しかも余った分は、体内に長くエネルギー源(脂肪ともゆう)として保存できるから。
要はいざという時のために、体内にエネルギー源を備蓄してるという事。危険と隣り合わせ自然界では、エネルギー=脂肪をため込むのは生存に有利である(限度はあるが) グラディエーターも実は太ってたらしいし

じゃあ他の食べ物はというと、エネルギーを出す事は出来てもエネルギーを保存するには不利だったのではないか?

現代では飢餓の心配はなくエネルギーをため込む必要がないので、いざという時に生存できる体よりも見栄えのいいカッコいい体が人気になったのです(笑) 
ならば体に溜まる炭水化物よりも、体の原材料として消化できる食べ物を多くとった方が見栄えのいい体を作るのに有効なので、
ローカーボダイエットというのが流行ったのです。

食べ過ぎちゃうメンタル

どうして食べ過ぎちゃうのか?
それは満腹になる事で満足感を感じる事が出来るから。

その中でご飯が食べ過ぎだと言われるのは何故か?

魚定食大盛

人はご飯の適正量がわからないから

そういえば、ご飯の適正量って誰からも習ったこと無いですよね?
おかずに含まれてる塩分や油分に関しては、取り過ぎはよくないと注意されるが、ご飯に関しては食べ過ぎても問題ないイメージがある。
それが、ご飯の適正量は「お腹いっぱいになるまで」もしくは「腹八分目」と誤解してるのではないだろうか?


実はご飯の適正量は腹八分目どころか驚くほど少ない。それに気づかず満腹まで食べ続けていると

お相撲さん

さらに我々日本人は小さい頃から「ご飯を残すな」と躾けられてるので、満腹を超えても出されたご飯を食べ続ける事も珍しくない。

ご飯を無駄にしないように食べきってしまうのは日本人としてのDNAです(笑) でもこれは仕方ないかな。

体型をキープするご飯の適量

先ほど、自分にストップをかけないと、満足するまでずーっと食べ続けてしまう事にもなると言ったが、適正なご飯の量が分からないと、どこでストップをかけていいかわからない。そこで一食のご飯の適正な量を調べてみた。ご飯の適量は実際驚くほど少なく見つけた資料では下の通り。
自分の身長と年齢が交わるところを見てください。

男性の一食分のご飯の量
女性の一食のご飯の量

数値で表されるとピントこないのですが、写真で見ると
働き盛り30~40代男性180㎝座り仕事の一食のご飯の量は190ℊ

これが190gのご飯の量!(茶碗161g)

ご飯190gとは、お茶碗摺切りとは言わないけど、ギリギリちょっと白米ちゃんがお茶碗から顔を出すくらい。働き盛りの男性サラリーマンでこんな感じです。明らかに仕事から疲れて帰ってきた男性にとってはショッキングな量(笑) (女性のご飯の量はさらに少ない!) でも現実これが太らない量です

しかし別の意見として

消費者庁が作成した栄養素等表示基準値によると、日本人における1日あたりの炭水化物の目標摂取量は320gとなっていて

これはセブンイレブンのおにぎり(鮭)を例にとると

データー
重量108g 鮭173cal 蛋白質4.6g 脂質1.7g 炭水化物35.7g(糖質33.8g 食物繊維1.9g) 食塩相当量0.9g(推定)

なのでセブンのおにぎりなら一日9個まで食べられる計算になる。

本当にこんなに食べていいのか?確実に太りそうな気がするが?でもその前に、このおにぎりのデーターはあってるんだろうか?全部足しても108gにならんのだが?

さらに別の考えでロカボダイエットでは一日の糖質を70g~130g以下に抑えるとある。
こうなるとセブンのおにぎりは一日最高でも3個半から4個。そうなると一食につきご飯100g位といったところだろうか。

確かに一日おにぎり3個半では痩せる気がるが!
かなりきつそうだけど糖質以外の他の物は気にせず食べていいようなので案外いけるのか?

このように一日のご飯の量については、いろんな考え方や意見、報告があるので一体どれが正しいのやら。

ただ唯一ハッキリしてるのは、腹一杯は確実に食べ過ぎなのでしょう!

今回の奥義

今回いろいろなデータを調べてみたが、一日のご飯の量や糖質に対して、いろいろなデータや考え方があり判断に迷った。特に消費者庁の一日の炭水化物の目標摂取量は320gは、ちょっと他のデータと違ってて大いに悩まされた。これは考え方としては、体型を維持する場合と健康を維持する場合の糖質の量は違うという事を意味してるのかもしれない。
ご飯の量を減らせば確かに体重をキープしやすいし痩せやすい。なのでローカーボという考え方はダイエットにおいて”あり”だと思う。でもご飯は、太る元凶であると同時にエネルギー源でもあるので極端に減らせばいいという事ではなく、自分の運動量と相談しつつ、下げれる場合はロカボダイエットの数値を参考にして下げていけばいいのでは。

ただ何度も言うように満腹は食べすぎです!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る