人体の神秘

基礎代謝とは何ぞや~ホントに痩せるの?

久々の投稿です。一週間振りとなります。この一週間何をしていたかというと、レンタルサーバーを変えようと思い、サイトの引っ越しをしていた。
自分の経験値を上げるため、一人でいろいろと研究して頑張っているが、何故かうまくいかない。

そうゆう理由で最近筋トレをさぼり気味なわけだが、今回は運動しなくても、これを上げれば黙っていても体が勝手に痩せるという、基礎代謝についての話。動かなくても脂肪が燃焼するというのは夢のような話だけど、そんなうまい話あるんかいな?

筋肉は基礎代謝を上げるのか?
基礎代謝の出し方
基礎代謝を増やす、もっといい方法がある!

代謝には3種類あって

活動代謝・・・・・・・身体を動かすことにより消費されるエネルギー
食事誘発性熱生産・・・食べ物の消化に使われるエネルギー
基礎代謝・・・・・・・生命を維持するために必要なエネルギー

当然ボディメイクで語られるのはカロリーを消費してくれる生命エネルギー、基礎代謝の事である。今回この基礎代謝について。



筋肉は基礎代謝を上げるのか?

最近よく聞く基礎代謝とは、人が生きていくために最低限必要なエネルギーで、黙ってても勝手にエネルギーを消費するというもの。
脂肪を減らすにはエネルギーを消費すればいいので、黙っていてもカロリーを消費する基礎代謝が注目されている。

基礎代謝を上げれば上げるほど、運動しなくても脂肪が燃える量が増えるのでダイエットにもってこいなわけ。
じゃあ、どうやって基礎代謝を上げるかというと、理論的には筋肉をつけると基礎代謝は上がる。早い話が筋肉をつけて、わざと体の燃費を悪くするという理論である

筋肉をつけて代謝を上げると、黙っていても痩せるのか?そんな夢のような話があるかというと、結論から言うと筋肉をつけて基礎代謝を上げても、そんなに体に変化はないと思う。
もっと正確に言うと、普通の人は、そんなに基礎代謝を上げる事は出来ない。最近筋トレをして、私自身代謝が上がってるはずだが、基礎代謝がどんどん脂肪を燃焼させるのであれば、みるみるウエストが細くなりそうだが、そんな事はない。

これは私の現在進行形なので間違いない。

さらに今現在、私が経験している事を感覚として言うと、筋肉が付いてくると体が熱を持つようになったというか、ちょっと動くだけで体が熱くなる。
体が熱を発するという事は基礎代謝は上がってるんだと思うが、この熱量でどれだけの脂肪を燃やすのかは疑問。
そしてお腹の減りは早くなった。消化が早くなったという事は、それだけエネルギーを消費するのが早くなったという事だと思う。

このことから普通の人の基礎代謝では脂肪を減らすのではなく、吸収したエネルギーの消化を早くする程度なんじゃないかと推測できる。
つまり基礎代謝を上げる事により痩せるのではなく、太りにくい体になるのだと思う。(ボディビルダーとかは例外)

基礎代謝の出し方

次は基礎代謝の出し方です。これを見るとがっかりします(笑) 果たして筋肉と基礎代謝の関係は?

基礎代謝基準値×体重=kal/日

年齢男性女性
20〜2924.223.2
30〜3923.122.0
40〜4922.521.1
50〜5922.420.9
60〜6922.020.9
70以上21.620.8

年齢と性別の交わる場所が基礎代謝基準値。なので30代の男性・女性だと

30代男性体重65kgだと
23.1(基礎代謝基準値)×65(体重)=1501.5(kal/日)

30代女性体重50kgだと
22.0(基礎代謝基準値)×50(体重)=1100 (kal/日)

という事になる。

表を見る人

この方程式からだと筋肉は基礎代謝と関係ないのでは??つまり筋肉ではなく体重が重ければ基礎代謝が増えるという事になるが??

つまり年齢と性別が同じなら、70kgのぽっちゃりさんと、体脂肪10%の70kgでは同じ基礎代謝という事になってしまう(笑) 

さらに突っ込みどころは、これだと、30才男性より、29才女性の方が基礎代謝がある事になってしまう(笑) 

なのでこの表が正しいのであれば基礎代謝は筋肉量ではなく体重で決まるという事になる??
ただ基礎代謝は筋肉量で計るのではなく、活動量だというのであれば、ちょっと合点がいきます(笑) 20代女性は元気だから(笑)

でも、この方程式はあってるんだろうか?ネットにある情報すべてが正しいわけじゃないからね!

基礎代謝を増やす、もっといい方法がある!

実は基礎代謝を増やす、もっといい方法がある・・・・それは頭を使う事!
頭を使うとは、頭を使っていいダイエット法を考えろという意味ではなく、勉強で頭を使うという意味。
以外に脳は隠れたカロリーキラーのようで、その一日のカロリー消費量は筋肉と脳とでは、そんなに変わらないと言われてる。(体を動かさなかった場合です) 
映画で出てくるマッドサイエンティストは皆痩せてませんか? 学生時代の科学や数学の先生は痩せてませんでしたか?

さらに調べてみると筋肉は、筋肉1kgで一日13kcalしか消費しないようだ。
という事は筋肉を10kg増やしたとしても130kcalしかカロリーの消費量は上がらないという事。ショートケーキ一個のカロリーが366kcal。
筋肉を10kg増量するのはかなり大変ですが、仮に筋肉を10kg増量しても、ショートケーキの半分にも満たないカロリーである。

苦労の割に意外にリターンが少ない

実際に基礎代謝が増えてダイエット効果があるといってもこの程度。これからも分かるように楽して脂肪は減ってくれない。

今回の奥義

今回の調査で基礎代謝量は筋肉ではなく体重を元に計算するというのが分かった。ではカロリーを消費しやすい体になるために筋肉をつける事は無駄なのか?というと、そんな事はない。

やはり筋肉質の方が痩せ易いと思う。車をイメージするとパワーのあるレーシングカーと普通の乗用車。止まってる時の燃費の差は、そんなにないけど、
違いが出るのはアクセルを踏んだ時!

ガソリンをカロリーに置き換えたら、筋肉も使った時にこそ、カロリーの消費に大きな差が出てくる、つまり

大パワーのスポーツカー

筋肉もパワーのあるエンジンも使って初めて、その真価を発揮するわけです。

でも逆もありで、ずーっと止まっている大排気量の車よりも、いつも走り回っている軽自動車の方がガソリンを多く使うのは道理(笑) 
筋肉をつけて脂肪を減らすのは、運動した時に消費カロリーを上げるためという考えの方がしっくりくると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る