肉体改造の必修科目~筋トレを習慣化する!

さてマッチョになるぞーと決意して、早くもリバウンドし、その後張り切りすぎて、筋肉痛でトレーニングができなかったりと散々な感じだが、ようやく筋トレが開始できて、いい汗をかいています。ネットで筋トレ記事を検索したり、YouTubeを見たりと結構楽しい。そう考えると私は筋トレを嫌いではないようだ。

でも”筋トレ“とネットで検索すると、”辛い”とか”続かない”なんて記事も結構ある。肉体改造をするために最も大事な、最大の壁は筋トレを習慣にできるかどうか?。そして筋トレ初期に感じた感情が肉体改造できるか、どうかの最初の分かれ道で、それを左右するのが

筋トレを好きか?嫌いか?

分かれ道

なぜ筋トレを習慣化できないか理論的に書いてある記事もあるすが、これは理屈じゃない。好きか?嫌いか?。 筋トレを習慣化できない最大の理由は、理屈じゃないから一番厄介なのだ。「筋トレのような苦行、好きな奴いるか?いい体になりたいから仕方なくやってるだけだろう。」と思ったら、それは大間違い!私の知り合いのパワーリフティングの選手や、ボディビルダーは本当に自分の体をイジメるのが好きで、筋トレが大好きだ(笑) 好きだからこそ極限まで鍛えられる

筋肉LOVEのレベルが違いすぎる(笑)

何故そこまで筋トレを好きになれるのかは、我々一般人には少々理解に苦しむが、習慣化するには最低でも”嫌いではない”位をキープしないと、一人でトレーニングを続けるのは難しい。

今回はその最初の壁を乗り越えるため、筋トレを習慣化にするにはどうしたらいいか?そのコツを考えたいと思います。

習慣化できない理由~やる気が出ない
習慣化するコツ~やる気をコントロールする
結論~筋トレを習慣化するには?

習慣化できない理由~やる気が出ない

考え方として「筋トレをやらなきゃ」って思ってると、なかなか続けるのは難しい。まずは考え方を 「筋トレをやらなきゃ」 を「よし、やるぞ!」に変えないと始まらない

何故やる気が出ないのか?筋トレ初期の段階でやる気が出ないのは、たぶん筋トレの時間が長いからだと思う。筋トレの他にもやりたい事、やらなきゃならない事は一杯あるので、筋トレ時間が長いとかったるくなる。なので筋トレ時間は短いに越したことはない!10分位なら「やってみるかな」という気になると思うし、そうゆうトレーニング動画もたくさんある。

筋トレ時間を短くすれば、いちいち悩んでるよりも、”ぱっぱと終わらせた方が早いという考えにもなる。筋トレは始めるのが遅くなればなるほど、「今日はやめておこう」という気持ちが強くなる法則があるから、さっさと決断するのが習慣化するコツ。この決断の時間は短ければ短いほどいい

でも筋トレって不思議なもので、一旦始めると途中で止めるのが気持ち悪くて結局最後までやってしまう。始めるまでが嫌であって、始めちゃえば以外に楽勝です。

Do it !!

やるぞ!という決断を早くする

これが筋トレを習慣化する第一のコツです。

習慣化するコツ~やる気をコントロールする

物事を続けるのに、よくモチベーションを保つと言うけど、習慣化するのに”モチベーションを保つ”は適切かと言うと、実はそれ、「ちょっと待った~」です。何故ならモチベーションと言うのは元々長く続く感情じゃない。

実はモチベーションとは熱しやすく冷めやすい不安定なモノ。なのでモチベーションはコントロールする必要がある。でないと、やる時とやらない時のギャップが激しいとなり、これでは習慣とは言えない。習慣とは「日課として普通に出来ること。」大事な事はモチベーションを保つことじゃなく、筋トレする時に、いかにモチベーションを発揮できるか?という事。(筋トレ中毒の皆様はこの限りではありません。)

これにはトレーニングを始める前に何か、合図みたいなものを作ると有効です。例えば、この曲を聞いたら始めるとか、このジュースを飲んだら始めるみたいな感じで

モチベーションアップ

一種の条件反射にしてしまう。

条件反射にして深く考える暇を自分に与えない!ここで大事なのは、決めた条件反射で必ず筋トレを開始する事。ここではっきりと気持ちを切り替えないと、いつまでもダラダラしてしまう。
ダラダラと時間を延ばし過ぎちゃうと、気持ちがそっちに移ってしまい「今日はいいかな。」となるので、必ず決めた合図で筋トレを始めるのがコツである。

それを重ねていき究極的にはモチベーションに関係無く自然と行動する。毎日当たり前にやるという状態になったら習慣になったと言える。

結論~筋トレを習慣化するには?

ここまで筋トレを習慣にするのに、時間を短くする事、モチベーションを筋トレする時に合わせる工夫をする事を提案した。でも筋トレを習慣化するには、あと一つ足りないモノ

それは時間!筋トレをするための決まった時間を作らなければならない。

習慣化するというのは日課にするという事。それには筋トレを自分の生活のリズムに組み込む必要がある。習慣化するには毎日(毎日でなくてもいいが)、だいたい同じ時間に筋トレをするように決めた方が習慣化しやすい。例えば、仕事から帰ってきたら晩御飯の前に筋トレをする。寝る前に筋トレをするなど・・・もっと具体的な例にすると、帰ってきたらまず、コーヒーを飲みながら好きな音楽を聴く。それから筋トレをする。そして食事。みたいに一連の決まった流れにできると習慣化しやすいし、筋トレの時間が短いと、なお習慣化しやすい。あと決めた時間にできなかったとしても、後できるような時間的余裕が生活リズムにあるとなおいいが、いつも後回しにしていると、それが癖になるから注意。

今回の奥義

今回はどうやって筋トレを習慣化するかという話でしたが、筋トレを習慣化するのに本当に一番大事なことは、筋トレを好きになるという事。間違って欲しくないのは、

毎日毎日だましだまし嫌な筋トレをする工夫ではなく、まずは筋トレを好きになる工夫をしよう

それが習慣化の一番のコツです。本当はすぐに体が変化したら一番モチベーションが上がるのだが、なかなか体は変わってくれない。

あと番外編として、どうしても気がのらない時は、サボるのも一つの方法です。人は何かを無理に押し付けられると嫌がるから、たとえそれが自分が自分に対してでも無理強いはいけない。

物事を好きになるには、楽しくなくちゃダメ。我々アマチュアが楽しむためには多少の緩さは必要かな?と思う。

筋トレ休憩中

肉体改造は未来の自分の一つの目標として、気長に気楽に達成していく。
そうすれば習慣化もそんなに難しい問題ではない。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る