筋肉痛~腕が痛い

筋トレ再開したら気合入れ過ぎたぜ~筋肉痛で腕が、腕が~!

さて体重を落としたら筋トレの再開です。(リバウンドした私が言うのもなんですが) 憧れの体をイメージしつつ頑張っていきましょう!しかし我ら中年貴族は無理はいけません。腹も出てくる年齢になると見た目以上に体内が劣化しています。無理してはいけないんだけど、無理できちゃうのが人間の体。だからケガするんだけどね。

しかしケガは挫折のもと。筋トレでケガをするパターンは二つあると思います。この記事を読んでケガの地雷を踏まないよう、一歩一歩確実に目標の体に近づいていきましょう。

無理なフォーム~骨や筋が痛い!
負荷かけ過ぎ~筋肉痛がひどい!
ケガをしないために適切な重量を知ろう!

無理なフォーム~骨や筋が痛い!   

私のような中年オヤジの一人筋トレで、よくやらかすのが、このタイプのケガではないでしょうか?だれも正しいフォームを教えてくれないので、「やりにくいなぁ」と思いつつも思い込みで続けてしまいます。以前私もこれで肩をやりました。やっぱり中年になるとコラーゲンも減少してくるんですね(笑)

ちなみに薬屋で聞いたのですが、飲み薬やサプリメントでコラーゲンなどを補給しても、痛い部位に優先的に栄養が行くわけではないので、どうしても直りが遅いとのことでした。私は前回これで筋トレからリタイヤしました(笑)この地雷を踏まないためには、

ノートパソコン、YouTube

そう必殺のYouTubeです!

YouTubeで手の位置や向き、肘を広げる方向などをよく見る事です。あとどのYouTuberさんもしっかりとフォームの説明をしてくれているので、それはもう必聴です!本当ちょっとのフォームの違いで効きが変わってくるので、焦らず、じっくりとフォームを研究してから取り組んで下さい。

負荷かけ過ぎ~筋肉痛がひどい!

これは今回私がやったドジです(笑) 上腕二頭筋を鍛えすぎて腕が伸びなくなりました。ストレッチと休息で治るんですが、その間筋トレができなくて時間の無駄になりました。こんなドジをいないように

最初は焦らず、筋肉を慣らすことを目標にしましょう

最初から無理して飛ばして筋肉をいじめても、急な筋肥大は起こりません!そう

ローマの石像

ローマは一日にして成らず!
筋肉はでかくならず!です!

ところで筋肉痛を起こした場合、湿布を貼るかどうかですが、 ヤフー知恵袋に興味深い記事を見つけました。

湿布をはらずに自然に任せた方がいいという記事で、その理由は、”湿布は湿布に含まれている消炎鎮痛剤が血管を閉じるように働き、患部に押し寄せる血流と痛み物質が止められるので痛みは一時的に治まるが、同時に血流を止めていることにより壊れた組織の修復も止めてしまうので、治ることを遅らせてしまう”という事らしいです。

でもこの部分は私も確証がないので参考までにして、自己判断でお願いします。

ケガをしない適切な重量を知ろう!

目的の筋肉を狙った正しいフォームで筋トレをすると、意外に回数ができなかったり持ち上がらなかったりするのですが、気合を入れ過ぎて一段重い重量をフォームを崩して無理に持ち上げようとした時、”ピキッ”とやってしまう。これ結構あるあるですね。

一回二回持ち上げた時は「少々重いが行ける!レベルアップだ!」と思うんだけど、ツラくなって気合で上げた時に”ピキッ”と。この”ピキッ”となるのが本当に一瞬の事で、明らかに筋肉痛の痛みとは違う痛みでヤバいと確信するわけです。こうならないように、新しい運動を取り入れた場合や重量を重くした場合は変な痛みや違和感がないか、

動作をゆっくり丁寧に、筋肉の調子を確認しながら行うようにしましょう。

これがジムだとトレーナーさんが適切な重量を教えてくれると思うけど、宅トレの場合、常に自分で手探りでトレーニングをしてるので、この確認作業絶対に必要。その分ジムよりは効率は落ちてしまうけど、そこは

無料なので、仕方がないと割り切りましょう!(笑)

でもいずれは重量アップはしなければならないし、たまには限界を超えるような重さで筋トレをしないと筋肥大しないしで、これは難しい問題です。逆にケガをするくらい筋トレするという事は、それだけマジだともとれる。

今回の奥義             

無理なフォームや重量はケガのもと。正しいフォームはYouTubeをよく見て研究しましょう。早く筋肥大したくて、いきなり重い重量を気合で上げ続けるとケガをします。

筋肉は一日にしてならず!です

ケガをすると筋トレを休むことになり、それが挫折のもとになるかもしれません。(前回私はケガで怠け癖が付いて挫折しています。)筋トレは、自分の体が変わってくると、がぜんやる気が出ますが、たるんでくると、どうでもよくなるので、そうならないよう、

ドラゴンボール孫悟空

急がば回れ!です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る