肉体改造理論1時限目~でぶ男の反乱

はじめまして!デブ男のヒコと申します。

人生も安定期に入ってくると、食べるのが楽しみになってきます。 私も食べ歩きが趣味で、よく雑誌などをチェックして地元のいろんな店を探検してました。

しかし!そうなると問題になるのが肥満です。一緒に食べる仲間がいるとなお性質が悪い!それが会社の同僚だとさらに性質が悪い。仕事終わりに飲みに行く回数や食べに行く回数が増え、「これじゃいかん」と思いつつも無限ループにハマってしまいました。

ちなみに、これが現在の私です

まさに見事なまでのハート様です!

普通はBeforeのデブを強調するため、みんな猫背になって、だらりんとした写真を撮りますが、私の場合背中をまっすぐに伸ばしても、これだけ腹が出てます

我ながら情けない! という事でダイエットを決心しました。

でもどうせやるならカッコよくマッチョになりたい!言う事はでかいが果たしてこの我が体、ナイスバディになるんだろうか?

ダイエットを決意した動機      

実は最初っから体形とかを気にしてダイエットを決意した訳ではないんです。一番の動機は勉強したい事ができたので、毎日酒を飲む習慣を改めたかった。

酒を飲んじゃうと、その日何もできないから、何とか飲まない日を作って勉強しようと思ったわけです。

酒を減らそうと思うと、ふと体型が気になり「飲まない日を作るなら、ついでにダイエットもして見た目も変えてみよう。」という流れです。そこで「どうせやるなら人間の体ってどれだけ変わることができるのか試してみよう」と考え、その証拠としてブログ記事を書いて記録を残しておこうと思いつきました。

ボディメイクやダイエットにおいて動機は非常に大事です。

正確に言うと動機は何でもいいし 立派である必要もない、 各々が胸に秘めておけばいい。本当は動機は大した事でなく、大事なのは動機に対する執着心!

体を変えるとか、自分を変えるという事は楽な作業ではないので、挫折しそうになった時、動機への執着心が成功を左右すると思います。

トレーニングのルール        

私は今回肉体改造するにあたって、このブログで証明したい事は、普通の人が自宅で、お金を掛けず普通の生活を送りながら、体型を変える事は可能か?という事。

ボディビルダーが目指すような競技者的な考え方や体ではなく、普通の人が無理せずに筋トレを続けて、どれだけ体を変える事ができるかという事にチャレンジしたいと思ってます。そこでブログのタイトルが肉体改造理論なので、その制限の中で実験し理論体系付けていきます

それではまず無理をしないルールを決めていきます。

ルール1.ジムには行かず自宅でトレーニングをする。

これはタイトルに挙げてるように自宅でトレーニングする事にこだわっていきます。そして使用する道具も一般家庭の部屋における、あまり高価ではないもの限定です。ちなみに私はダンベルしか持ってません。なので最初はダンベルOnlyでいきます。さらにトレーニング時間は30分以内!

ところで一番楽に痩せるなら脂肪吸引(すごく高い100万金です!)。確実に痩せたいならライザ〇プ(いったことないけど)とかが考え付くと思いますが、調べてみたら痩せるって本当にお金が掛かります。それがただで痩せれたら超ラッキー!その浮いたお金、何に使うか考えておきましょう(私は食べ物と温泉代にするけど)

ルール2.基本的にカロリーを気にしない

私は食べる事が大好きですが美味しいものに限ってカロリーが高い!なのでカロリー制限をしたら、人生の楽しみが半減してしまう(笑) それに素人は無理をしてはイケません。挫折のもとです(笑) いかに無理をしないで理想の体を手に入れるって事に価値があるので、ハードルを高くしちゃダメです。

そうは言っても最初の体を作るまでは食事制限は必要です。体を痩せモードにする最初の時が、私の肉体改造理論の一番つらい所かもしれません。

ルール3.サプリメントはお好みでどうぞ

私はサプリメントを使用することは賛成です。私も実際プロテインを使用してましたし。効果があるかどうかは分かりませんがトレーニング後のご褒美として飲んでました。せっかく頑張るわけですから、少しでも効果がありそうなものはどんどん取り入れていく方が合理的だと思います。

そうゆうサプリメントを探すのは勉強にもなるし、まさに体内から肉体を改造する、計算された体みたいな感じで、ちょっとワクワクします。サプリメント以外にもオートミールや話題に上った健康食品は積極的に取り入れるのは大賛成です。

今回の奥義

これで、でぶ男からナイスバディに生まれ変わるための準備は整いました。 せっかくボディメイクにチャレンジするのだから、そこで得た経験知識をこのブログで情報発信していきます。このブログはすでに起こった結果ではなく、

リアルタイムで体型の変化を報告するリアル人体実験方式

なので、時には失敗することがあるかもしれませんが、その部分は反面教師としてください。トレーニングのプロが体をバキバキにする方法ではなく、もっとゆる~く、楽に一般の人が デブから細マッチョ~ガッシリ位になる情報を発信できたら成功です。

まさにデブ男の反乱です(笑)

最後にこれが私の現在のスペックです。証拠の写真も載せておきます。

右から体重74kg 体脂肪率21.7% ウエスト93㎝(へそうえで)です。
参考までに身長は177㎝で胸囲は96㎝でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る